• 不要なゼンリン住宅地図高価買取します
  • 「住宅地図.JP」4つのポイント

中古住宅地図

  • 中古住宅地図
  • 住宅地図の古地図

新刊住宅地図

  • B4ゼンリン住宅地図
  • A4ゼンリン住宅地図
  • ブルーマップ
  • デジタウン

その他の製品

  • その他地図商品
  • ゼンリン住宅地図専用バインダー
  • 住宅地図保護フィルム
  • 買い物かごを見る
  • FAXによる注文
  • 在庫・納期・発送について
  • 冊子の保護加工について
  • よくある質問

AND MORE



当社「ジオワールド」は、日本で唯一の「ゼンリン住宅地図専門新古書店」です。一般古書店では評価できない、ゼンリン住宅地図・ブルーマップ・デジタウンを、高価買取できるのは当店だけです。当社だけの地図下取りシステムにて、新刊ゼンリン住宅地図を、大幅割引にて購入でき、さらに地図を保護するブックカバー加工を、現在無料にて提供しています。また、過去数千冊もの中古住宅地図買取・販売経験を元に、住宅地図に関する各種データバンクも掲載しております。


 
地図専門新古書店「ジオワールド」営業日記
 
 
 
 
番号 : 2福岡古書組合特選市12-14修正 削除
 
  書き込みをした方 : ジオワールド 日付 : 2012.12.13 16:04  
 
 
 
明日12月14日は、福岡古書籍商組合の特選市(交換会)開催日です。
かような謎の呪文のようなテクニカルタームを、いきなり振られても何のこっちゃでしょうから、順を追ってご説明いたします。

世間の事業一般において、ほとんどの業界には、「業界団体」「組合」なるものがございます。多くは形式的なものであり、会費の類をぼったくられるだけで、かつその会費が幹部の飲み代に消えているだけといった、不毛きわまりない団体もありますが、古書籍商、平たく言えば古本屋の団体は、かなり「意義のある」部類になります。

というのは、古書籍商組合員の集まりは、別名「交換会」とも呼ばれ、「各店の在庫で、自店では専門外なので、他店に販売したいor早めに換金したい」ものを、お互い持ち寄って競りにかけ、結果的に「交換」する場であるからです。

A店にとっては、自店の得意ジャンルに関して、顧客からの買取以外に、仕入れ幅が広げられた

B店にとっては、相場がよく分からない、自店の客には高く売ることができない商品に関して、即時現金化できた

のメリットがあり、手垢の付いたフレーズですが、お互いwin-winの関係を築くことができるという訳です。

また駆け出しの店にとっては、多くの商品の競りを目にすることで商品知識が養われ、全国の同業とコネクションが築くこともできます。

この「交換会」に参加できるのは、「全国古書籍商組合連合会」に所属する古書店のみ、つまり「築地魚市場」などと同じく、プロだけのマーケットとなっています。逆に言うと、どこかの地区にて組合に所属していれば、原則全国の「交換会」に参加することが可能です。

加盟店は全国で2000店あまり。「古本屋なんて今時始める奴いないだろ」とお考えかもしれませんが、大都市では、存外に若い人の加入が増えていると聞きます。

(組合加盟の古書店は、店のどこかに、写真のロゴの「日本の古本屋」というフレーズが掲示されています)

当店の所属する「福岡古書籍商組合」では、通常の交換会を月に2回、うち年に2回は、「特選市」(大市とも言う)と言われる、普段より大規模な市が立ち、他県組合員の方も多くお見えになります。

当店はメインの活動が東京であり、普段の地元の交換会にはあまり参加できていないので、せめて特選市くらいはと、顔を出した次第です。

長くなりましたのでここで切ります。
                             
 
         
名      前     パスワード    
 
コ メ ン  ト  
 
 
 
 
番号 : 1ご挨拶と所信表明修正 削除
 
  書き込みをした方 : ジオワールド 日付 : 2012.12.13 16:03  
 
 
 
地図専門新古書店「ジオワールド」店長の林と申します。
日頃は当店に多くのご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

当店は2010年に、「日本で唯一の住宅地図専門古書店」として発足しました。2011年より、新刊住宅地図販売業務を開始したのを契機に法人化、この2012年10月末に、第一期目の決算を迎えたばかりでございます。

今や地図と言えば、PCやスマートフォンにて「無料で」見る時代です。間違いなく当社が、「最後に設立された紙地図販売会社」となる事でしょう。以前警察署に古物商の許可を願いに来庁しました時に、担当の方から、「そんな仕事で食えるの?」と心配いただいた事を思い出します。

警察担当氏の予想を覆し、一期目決算は、このご時世有り難いことに、十分納得のいく数字でございました。2012年5月には、神楽坂駅近くに、大量の在庫も収納可能な新事務所を構え、スタッフを増やして万全な体制を構築しました。今期は前期の1.5倍の目標を課しておりますが、必ず達成できると信じて、業務に邁進しております。

上述のように、当社は業界において、一番後発の会社でございますので、その分他社様との距離を詰めるための、創意工夫と努力を怠たる訳には参りません。
その一環として、2012年10月より、新刊住宅地図に関して、無料でブックカバー加工を施すサービスを開始いたしました。また中古住宅地図の買取と販売は、手間のかかる仕事ではありますが、当社だけの独自事業であり、また多くの反響もいただいておりますので、自信を持って続けていく所存でございます。

第二期より、webを改装し、少しずつコンテンツを増やすと同時に、思考の整理及び会社向付けの意味で、本欄にブログのようなものを始めることにしました。

堅苦しい文章は本記事のみとし、メインコンテンツにするほどでもない地図の話題や、日々のよしなし事等、軽い内容を掲載する予定なので、あまり気になる方もいらっしゃらないとは思いますが、物好きな方はおつきあいいただければと思います。
                             
 
         
名      前     パスワード    
 
コ メ ン  ト  
 
 
 
 
[1]
 
名前タイトル内容